報告、状況確認

国内での転勤や海外赴任などが決まった時に住宅を賃貸として貸すことが出来るのがリロケーションです。

駐在の期間によって入居をしにくい場合もあります。
空室の状況、入居の際の状況などこまめにチェックをすることが出来れば安心をすることが出来るのではないでしょうか?

リロケーションを扱っている不動産業者の中には、定期的に住宅の状況を報告してくれるサービスを行っているところもあります。
写真や画像の添付も行ってくれるので、今住宅がどのような状況なのかということもチェックをすることが出来ます。
ウェブでリアルタイムの状況チェックをすることも可能です。
そういうサービスはどこでも行っているわけではありません。
特定のリロケーション業者が行っていることですので、どこでどういうサービスを行っているのかということを調べておく必要があります。

出来るだけ不安を取り除くこともリロケーション業者の仕事の1つなのです。
空家や空室の管理が行き届いているのかということも業者を選ぶ際のチェック項目の1つなのではないでしょうか?

入居者がいる場合には、家賃の入金の報告などもウェブで行うことが出来るサービスを展開しているところもあります。

チェックしておいてほしいことを相談しておくことも可能です。

留守宅管理企業別サービス

海外赴任や海外駐在になった場合、住宅を開けなければいけなくなります。
国内であれば、単身赴任ということも選択としてありますが、海外だと単身赴任は少し難しいと思います。
そうなるとリロケーションを行うことも考えることが出来ると思います。
空家にしておくよりも誰か別の人が賃貸として利用してくれれば、何かと助かります。
誰も住まない住宅は傷みが激しくなります。
また賃貸として利用をすれば、家賃収入を得ることも可能になります。

必ずまたその家に住む日がやってくる、帰ってくるということが確実であれば、売薬はしないほうがいいですよね。

リロケーションを専門に行っている不動産業者も増加してきました。
その中でも管理に関するサービスを行ってくれるところもあります。
郵便の転送サービスであったり、入居者が決まるまで定期的に住宅の中に風を通してくれたり。
庭がある場合には雑草の除去を行ってくれるサービスも行っています。

これらのサービスは業者によって異なります。
どういうサービスがあるのかということを事前にチェックしておくといいです。
有料でサービスを付帯することも可能ですので、どういうサービスを行ってくれるのかということを相談してみるのもいいです。

放置のトラブル

もしも海外赴任が決まったら、ということを考えたことはありますか?
企業によっては一定の年齢に達したら、海外への駐在の可能性もありうるということもあると思います。

転勤が決まった場合には、様々な不安もあります。
今住んでいる住宅をどうするのかという問題もあります。
賃貸でなければ、リロケーションを行うということも選択の1つとして考えてみるといいです。

リロケーションは今住んでいる住宅を賃貸物件として入居者を募集する方法です。
個人で行うのではなく、リロケーションを行っている専門の不動産業者に依頼をするといいです。
もしも空室のまま、空家のままにしておくと、家が傷みます。

東日本大震災で原発の問題が未だに解決をしていません。
急に避難を要請された原発周辺の地域の方の住宅を映像で見たことはありますか?
畳は傷み、雨漏りによって屋根が腐食してしまった、という住宅もありました。
空家のままにしておくと、そのような住宅の傷みが進んでしまうのです。

住宅は人が住むことによって、生かされるものでもあります。
メンテナンスを全くしていないとどんどん傷みます。
誰も住んでいないと放火や強盗の被害に遭うこともあります。
そうなると近所にも被害が及ぶこともあります。